脱毛サロン 就職 社割

脱毛サロンで働いたらいろんな美容アイテムが社割で買える!?

飲食業でまかないがあるように、脱毛サロンやエステサロンで働くとおいしい社割が沢山あるのでは?! と、期待してしまうものですよね♪

 

結論を早速言うと、社割りはあります!

 

実際に私自身も大手・地域密着型のエステサロンなど、社会人になってから寿退社するまでこの業界には割と長くお世話になっていましたが、その数店舗全てで社割がありました。

 

例えば、全身脱毛コースが通常の価格より大幅のOFFだったり、化粧品やコスメがお客さんに販売する金額よりも、かなり安く購入できました。

 

それから決算月になると、化粧品やコスメ・家庭用フェシャルマスク類等が社割大SALEなんて事も行われていて、通常の価格より半額・それ以下で購入出来ちゃうなんて嬉しいところもありました。

 

エステで使われている化粧品となると、無論良い成分をふんだんに含んだ高級化粧品が殆どですからね。

 

中には、お客さんには販売していないフェイシャルコースで用いられる高級プラセンタ美容液が購入出来たり、機器脱毛のアフターケアで使う特別な保湿化粧品が購入出来たりと、非売品アイテムが購入できてしまうメリットもありました。

 

それらも通常よりも安く購入出来るとなると、それほどまで嬉しい事はありません! 
こういった社割りが効く部分に関しては『エステティシャンやてって良かった〜』なんて感じる部分はとても強かったです。

 

脱毛コースの社割もあるけど・・・意外な落とし穴であまりうまみなし。

しかし脱毛コースに関しては、そこまで美味しいものではありませんでした。

 

確かに社割りで安く購入する事が出来ますが、自分の公休日とサロンの空き状況によっては全くもって予約が入れる事が出来ない! なんて事もありました。

 

当然お客さんとスタッフを天秤にかけてしまえば、優先順位はお客さん最優先ですからね。

 

結果、買ったにもかかわらず全く脱毛出来ない! なんて事も。

 

これは勤めるサロンによって異なるかも知れませんが、スタッフの脱毛はなかなか入りにくいものには違いありません。

 

また自分が上の立場になった時、新人教育でフェイシャル・ボディ・脱毛技術の練習台にするという事もありましたが、練習とは言え高級エステコースタダで出来ちゃう! と思えば確かにお得感はあるものですが、新人さんの技術というとたかが知れているものですからね……

 

フェイシャルエステの力加減が分からないものなので、練習台になりすぎて肌が傷んでガサガサになってしまうなんて事もありました。

 

正直社割りに関しては良い部分と微妙な部分が入り交じっているものです。

 

ある程度期待はして良いかも知れませんが、コース購入は期待しすぎない方が良いでしょう。