脱毛サロン 資格

脱毛サロンの採用で有利になる経歴や資格は?

脱毛サロンやエステサロンで働きたいけど未経験・無資格だし……受かるのかな? 

 

なんて考える方も居るものですが、コレが案外地域密着型の小規模サロンや個人サロンではOKしているところもあるもので、受けてみたら意外にも受かってしまうなんて事もあるそうです。

 

しかし、そうは言っても未経験・無資格の方と経験者・資格所持の方が同期間に面接を受けてどちからを採用するとなったら、会社側としては後者を選ぶでしょう。

 

また、専門学校卒業の資格所持新卒と中途採用の資格所持経験者と比べてみても、この場合でも後者を選択する方が多いと言えます。

 

この簡潔な理由には、即戦力になるか? ならないか? 
会社側の立場で考えてみれば、見えてくる答えではないでしょうか。

 

だからといって、未経験者や新卒に望みが全く無いと言えばそうではありません。

 

実際に私自身大手エステサロンに勤めていた経験がありますが、初期集団研修で未経験者・無資格の方って実は結構居たのです。

 

専門学校卒業でもなく、エステとは無関係な短大卒業の方や4年制の大学卒業の方も幾人かいました。

 

小規模サロンに転職した際も、30・40代未経験主婦の方も居ましたし、20代未婚で販売・接客業から転職した方も居ました。

 

しかし、こういった方が採用される事はとても厳しいそうです。

 

専門卒業の方や、資格所持の方より何か光る人材でも無ければ受かりにくいとさえ言われているそうです。

 

脱毛サロン就職に有利な資格とは?

資格資格と先程から言っていますが、どういった資格が有利なのかざっくりと説明しましょう。

 

まず日本エステティック業協会AEAの資格です。

 

他にも海外でも認められているINFA国際ライセンス・ITEC国際ライセンスなどが挙げられますね。

 

これらの資格を取得する手段は、専門学校に通って在学中座学・実技の鍛錬をしながら取得をします。

 

アロマセラピストの資格などとは違い、在宅の通信等では取得出来るものではありません。

 

取得をしたい! という方は、専門学校で脱毛やエステに対する基礎を学び取得をする事をオススメします。

 

他にも役に立つ資格というと、サービス接遇検定などと接客業に携わるような資格を持っていると、少し強みになるなんて言われているそうです。

 

また、痩身エステなども行っているサロンでは栄養士の資格も役立つなんて言われているそうです。

 

そう考えると、何にしても資格は持っていた方がサロン就職には有利に違い無いと感じますね。

 

☆脱毛サロンに就職したい|給料?ノルマ?元エステティシャンが暴露☆ トップページへ