脱毛サロン 給料

脱毛サロンの給料はこんな感じになっています。働けば働くほどもらえるやりがいある仕事!

エステティシャンというと女性ならば誰もが憧れを抱く職業ですよね!
何と言っても”美のスペシャリスト”です。

 

知識も多い所為かエステティシャンは誰もが肌もキレイですし、キレイなお姉さんの典型であって模範的なものです。

 

それに『美容業界』というだけで何だか華やかな雰囲気があって良いな! と感じてしまうものでしょう。

 

そんな中でも今、最も”アツイ”エステ施術と言えば脱毛。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など種類は様々ありますが”確実に儲かってる”と分かる分、脱毛エステティシャンって絶対給料良さそう! と思ってしまうものですよね。

 

その答えは脱毛云々抜きにしても、エステティシャンの給料は普通会社勤めの方とは比べものにならない程にいい給料を貰えます。

 

実際に私自身が”元エステティシャン”ですが、初めて就職した大手では初任給15万円以上は貰えていました。
この給料はサロン配属前の研修中にも発生します。

 

基本給+歩合・技術料etcでお給料が決まる

実際に自分が働いていた数サロンの傾向としては、基本給料を20万円として、それにプラスしてどれだけお客さんの施術に入ったかの歩合と技術料、新規のお客さんを取ったか? どれだけの化粧品を販売したか? コースを契約させたか? で変動をしました。

 

つまり給料の仕組みは基本給+サロン貢献の歩合という事です。

 

よって、ひと月の給料は30万〜50万と”完全に自分の頑張り次第”10万単位の変動を見せるものでした。

 

この歩合の単価はサロンによって異なるものですし、仕組みが全く違うといったサロンもあるかも知れませんが、だいたいこういった形式を取っている会社が大手・個人サロン問わずに多いものです。

 

正直”知識と技術と話術さえ己の手にしてしまえば”一人で一生食べていけると言い切れます。

 

しかし、エステティシャンになるのはとても難しいものです。

 

個人経営サロンや、地域密着型の小さなサロンでは未経験・無資格者でも受かる確率がありますが、大手は専門学校卒業大前提・資格所持者以外NGといった場合もあります。

 

まして脱毛サロンとなるとコレが厳しくなる傾向もあります。

 

それに、知識を持っていなくてはエステティシャン失格なので日々の勉強が必要です。

 

一人前になれるのには個人差もあり、1年で50万・60万の高取得になれる人も居れば、5年6年経過しても売り上げを上げれず、基本給+少額取得で厄介者扱いをされる事だってあるのです。

 

美容業界は華やかな世界に違いありませんが、上に昇るのであれば血が滲むような努力をしている世界には違いありません。

 

要は完全に自分の努力次第といった部分が大きいです。

 

 

☆脱毛サロンに就職したい|給料?ノルマ?元エステティシャンが暴露☆ トップページへ