脱毛サロン 求人

専門学校に行ってない場合、求人はこう探す。

脱毛サロンのエステティシャンを目指すといった場合、専門学校生の場合だと卒業までの就活に様々なサロンを紹介して貰えるものですが、中途採用や未経験者採用といった場合どうやって求人を探せば良いのか? 少し分からないものですよね。

 

しかし、こういった求人情報はネットの求人情報ページや各会社の公式ページなどに情報が記載されているのでそこまで探す事は困難ではありません。

 

また、地域密着型の小規模サロンの場合は、地域の美容院やエステサロンなどの紹介が掲載されたフリーペーパーに「エステティシャン募集中!」等の求人情報が書かれている場合があります。
こういったところから探してみる事も良いでしょう。

 

また採用の難易度については各会社バラつきがあるものです。

 

確かに、TVやメディア等に露出している知名度の高い大手サロンというと採用が難しいです。

 

更に、こういった大手では専門学校卒業などの経歴や資格なども考慮されます。

 

だからといって、個人サロンや地域密着型のサロンの方が面接が易しいかと言えばそうとは言い切れないものですが、傾向的に未経験者・無資格の方でもOKというサロンも多いものです。

 

しかしこういったサロンは面接の競争率がかなり激しいものなので未経験者で採用に至るのは難しいものだと言えるでしょう。

 

意外と力仕事!心身健康なことをアピールしよう

またエステティシャンになる為の条件としてよく『心身共に健康な方』という方が書かれている事が多いものです。

 

この業界はとても華やかに映るものですが、事実”体力勝負の力仕事”な部分がとても強いです。

 

また、実際に私が過去に働いていた大手エステサロンでは面接時に腕や脚などに目立つ大きな傷跡がないか? 入れ墨が入っていないか等身体チェックも行われていました。
確かに、エステティシャンという仕事というと”美しさを創る仕事”には違いありません。

 

決して”美人じゃないとなれない”というワケでもありませんが、外見的・モラル的に適切か不適切か? そういった部分も見られる傾向があります。

 

また清潔感を重要視するので、見た目の雰囲気に清潔感がしっかりあるか? こういったところを見られています。

 

まず脱毛サロンにしてもエステサロンにしても就職希望であるならば、まずは身だしなみと清潔感のある雰囲気作りと外見磨きが大切だと言えます。

 

☆脱毛サロンに就職したい|給料?ノルマ?元エステティシャンが暴露☆ トップページへ